次回のてつがくカフェ

テーマ:原発事故とふるさとを考える

 

◇日時 2019年9月1日(日)14:00〜16:00

◇会場 南相馬市情報交流センター交流広場

  *南相馬市立中央図書館1階のカフェで開催します。 

 

 

 福島第一原子力発電所の事故が起きてから、8年もの時が過ぎました。4月には大熊町の避難指示が一部で解除され、7月には福島第二原子力発電所の廃炉も正式に決まりました。様々な変化が現れ始めている一方で、残されたままの課題もあるように思われます。いまだに立ち入りが制限された場所。毎日、メディアから発信される各地の放射線量。生まれ育ったふるさとへの複雑な思い。荒れ果てた土地。変わっていく風景。様々な思いを胸に抱いている人も、きっとたくさんいるのではないかと思います。 

 ほんの少しだけ立ち止まって、原発事故とふるさとについて、じっくりと語りあってみませんか?てつがくカフェでは、わたしたちが普段当たり前だと思っていることや、日常のもやもやについて「対話」といういとなみを通して問い直していきます。みなさんの参加を、お待ちしています。

 

共催:てつがくカフェ@南相馬/てつがくカフェ@せんだい